ギター初心者向け

ギターを始めたい!どこでギターを購入するか考えてみよう。

ギターを弾いてみたい、好きなミュージションの曲を弾き語りしたい。
そう思ってこのブログを見てくれている方へ。
ギターを始めたい!そう思った時に一番最初にすることをお話しします。

ギターを始めたい時に一番最初にすること

ギターを購入する。

当たり前のことですみません(笑)
でも、ギターを始めるためには、まずギターを手にれることから始めましょう。

ギターを今から始めようとしている人にとって、「ギターがどこで購入できるのか」「どうすれば予算内で失敗しないか」って、すごく気になりますよね。
周りにギター経験者の人がいればアドバイスを聞いたり、一緒に選んでもらったりすることもできると思います。実際に僕も初めてギターを購入した時は、先にギターを弾いていた姉に付いてきてもらいました。
今回は周りにギター経験者の方もいない、一人で楽器を購入したいという人の手助けになるブログになっています。

どこでギターを購入することができるのか?

主に楽器を購入できる場所は以下になります。

・インターネットのサイト(Amazon、サウンドハウスなど)
・楽器屋(島村楽器、イシバシ楽器など)
・音楽教室(YAMAHAなどの大手から、街の個人教室まで)
・中古販売店(BOOK OFFやセカンドストリートなど)

インターネットのサイト(Amazon、サウンドハウスなど)

ここ数年はインターネットサイトで購入する人が増えています。その中から今回は僕がよく利用しているサイトを二つ紹介します。

Amazon

Amazonはギターに限らず様々な楽器を取り扱っていて、レヴューを見ればその商品や販売者の評価が見れるので安心して購入できます。楽器屋がそのままAmazonに商品を掲載していることもあります。しかし、中には粗悪品を取り扱っている販売者もいるので購入する際は注意しましょう。

サウンドハウス

楽器専門の通販サイトで品揃えも豊富。価格的にも割引されているものが多く、僕も今までエフェクターやシールド、ギターの弦など数え切れないくらい利用しています。こちらも商品レヴューしっかりしているので、購入時の参考になると思います。

楽器屋で購入

僕のオススメは楽器屋で購入することです。僕が初めて購入したギターも地元の楽器屋で購入しました。楽器屋で購入するメリットは下記です。

・知識の店員さんに相談しながら選ぶことができる。
・実際にギターを直接見ることができる。
・いろんなギターが置いてあるので、イメージに合うギターが探しやすい。
・初心者向けコーナーなど、初心者の方にも親切なところも多い。

ギターが弾けない状態で楽器を選びに行くと最初は不安もあると思います。
「高いギターを売りつけられないかな」「全然ギター弾けないのに試奏していいのかな」「店員さんが怖くないかな」とか。
これ、全部僕がギターを初めて見に行ったときに思っていたことです(笑)

でも実際に楽器屋へ行ってみると親切な店員さんが多くて、いろいろ話しもできて楽しかった思い出があります。店員さんと仲良くなれば、今後困った時に相談しやすいというメリットもあります。もしこのブログを見て楽器屋へ行ってみようと思ってくれた方に3つアドバイスがあります。

・店員さんへ楽器屋に初めてきたこと伝える。
・どんなミュージシャンが好きで、ギターでどういう曲が弾いてみたいか伝える。
・楽器購入の予算を伝える。

この3つを伝えるだけで店員さんもあなたに提案するギターの種類が絞られます。そして好きなミュージシャンを伝えればどんなギターがオススメかも教えてくれると思います。
ギターがまだ弾けないことを伝えれば、代わりに店員さんがギターを試奏してどんな音が鳴るかも教えてくれます。この場合はギターを自分で持ってみて、しっくりくるかを確認するだけでいいと思います。

補足ですが、僕は楽器を購入する際に楽器の見た目(デザイン)を重視しています。特にギターを始めたばかりの頃は弾ける曲も少なく、楽器へのモチベーションが下がる時があります。そんな時に見た目がカッコよくて自分が惚れ込んだ楽器だったら、自然と楽器に触れる回数が増えます。音の違いも最初の頃はあまり分からないと思うので、この考え方も頭の片隅に置いてみてください。

音楽教室で購入

YAMAHA音楽教室など、音楽教室に通いだすタイミングでギターを購入する人も多いようです。プロの先生からアドバイスをもらいながら選ぶので間違いはなさそうです。
ただ、その教室ごとにオススメのメーカーが決められていることも多く、たくさんの種類の中から選びたい方は楽器屋さんやネットの方がいいかもしれません。

中古販売店で購入

音楽スタジオと隣接している専門の中古販売店もあれば、BOOKOFFみたいな中古販売チェーンにもギターを置いてある場合があります。
前者はヴィンテージ品など高額なギターが多く、後者は低額なギターが多い印象です。
中古ギターは保管状態などでギターのコンディションが大きく変わります。初めてギターを購入される方にはあまりオススメできません。

最後に

ここまで紹介した中で、どこでギターを選ぶかイメージはできてきましたか?
ここで最後に僕からのアドバイスです。ギターは音楽をしていく中でいつも一緒にいてくれる相棒です。だからこそ、見ているだけで元気になる。もっと弾いていたいと思えるギターを選ぶことが大切です。
初めて見た時に「これカッコいい」「かわいい」「弾いてみたい」と思ったギターがあれば、その第一印象は間違っていないことが多いです。僕もギターを購入する際にこの感覚を大切にしてきました。
これからギターを始めるあなたにとって、最高の一本と出会えますように。